【サーフィンゴールドコースト】サイクロンスウェルはまだ来ていない! ディランくんに待たされて、FCSフィンが外れて、愛車が動かなくなって、南東のオンショアでバッドコンディションでも「だから良かったで済ませる」






どちらかというと、朝から変な事ばかり起きていた今朝。

寝坊したディランくんに、15分間も待たされるところから始まった。




太陽が昇る前に到着したパームビーチ。

トランクを開けてみたら、ぼくのサーフボードからフィンが外れてしまっていた。


FCS2プラグにFCSフィンは溝が大きすぎて、あまり良くない気がするなぁ。


ディランくんがボディーボードを雑に放り込んだせいで、当たったんだと思う。

MaybeとゆうよりもMust beだ。そこはしっかりと叱っておいた。

残念ながらフィンキーを持ってなかったので、一旦家に戻る羽目になってしまった。

30分間のロスタイムである。

そして家のガレージ(Mad Waxのファクトリーでもある)にてフィンをしっかりと締め直したところで、車のエンジンがなかなか掛かからないとゆうハプニング。

しばらくそのままで放っておいて、出発出来ないこと約10分。

黄色い表示が点灯中、メカニックへの点検を受けなければならない。


もうすでに太陽が昇り始めててオンショアがビュービューになり、ノーファンウェーブデーとなってしまった。。。

しょうがないから手っ取り早く、バーレービーチからパドルアウト。



ディランくんはインサイドのしょぼい波でプカプカ浮かんでて、ぼくはアウトでオーバーヘッドのセットを1本捕まえて、すぐに上がった。

そしてディランくんはなかなか上がって来ず、30分位待たされた。。。




今日は色んな事に時間を取られてしまい、自分の思い通りにはいかなかったなぁ。

でもこれでいいんだよな。

「だから良かったんだと思う」




全てがスムーズに進んでいたとしたら、車の事故に巻き込まれてたかもしれないし、海ではボードが折れたりしてたかもしれない。

あの時に別の過去があったとしたら、なんて考えるのはまるで意味が無い。

今生きてるこの瞬間がベストなんだから、何が起きても「これで良かった」と言ってていいんだよね。



サーファーはいつも、Positiveでなきゃね。

さてさて、サイクロンスウェルはまだ入らず。

明日はいったいどうなってしまうのだろうか?



バーレービーチは、ゴールドコーストのちょうど真ん中に位置する



【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!












【今話題のFCSのフリーダムリーシュ!】




FCSによって開発されたFREEDOM LEASHは他のどのコードよりも軽さと強さを備えた革新的な新しいコードが特徴。

・高伸縮性、編み上げコードを表面に採用したことでより細く軽く、より強くなり、さらにはリーシュコード自体が伸びて絡まってしまったり、クルクルに癖が付いてしまう現象を解消。 耐久性向上に成功した。

・グリップの内側部分に楕円形のシリコングリップを無数に施したネオプレーンカフを採用。 細く軽くなった上、滑らなくなったことから装着時に足首により高いフィット感を得られる。 びっくりする薄さと余分な厚みを取ることで足への負担も軽減される。

・4.9mmコードの為、オーバーヘッドサイズ以上・ビッグサイズの波には推奨出来ませんので、ご了承下さい。





0 件のコメント :

コメントを投稿