【ゴールドコーストクォリティ】波情報を当てにしているといい波を逃すこともある。バーレーポイントは今朝も素晴らしいチューブライドが溢れていた。






だめだ、波情報がぜんぜん当てにならない。

今日はどうしようもなく波が無くなる感じだったのに、バーレーに行ってみたらあったんだよねぇ。

「そんなに毎日波あるの?」って日本の人からも不思議がられるんだけど、行ってみればあったからその波に乗ってみたって感じなのだ。

もし波情報を鵜呑みにしていたら、バーレーには行ってないと思うな。

実際周りの友人たちは、ビーチに行っちゃったし。





今日のデータはこれ。

Surf  Inconsistent 2-3ft ESE
Wind  Light WSW
Rating  4/10
Primary  0.8m@7.4s SE(132')
Secondary 0.5m@12.3s ESE(111')
Sunrise  6:14am
Sunset  5:12pm
Low  4:56am 0.35m
High 10:34am 1.10m


これをパッと見てどんな波か分かるか?って言われても困る。

だって地形がどうとか色々あるでしょ?だから波乗りは、自分の足でそこに行ってみないと分からないんだよね。

最近のバーレーは、地形とうねりの向きがばっちり合っている。




今朝はムネくらいの小波なのに、思いっきりチューブだった。

巻き巻きが激しくて、テイクオフを躊躇してボードを引いても、リップが落ちていくところに吸い込まれる程だった。

ぼくのベストライドはショルダーから楽々乗って、最初に開いたセクションでトップターンを入れてから、ボトムに降りた瞬間にチューブの中にプルイン。

中で上手く走れてたんだけど、ちょっと先のほうでおっさんがドロップインしてきちゃって、ぶつかる距離じゃなかったのに気が逸れて、ワイプアウトしてしまった。

残念。




でもまぁ怒るほどの事でもなかったので、これがベストライドとゆうことにしておいた。

明日は南風が強く吹くので、さすがに同じようなコンディションは続かないかな。

期待する気持ちを少しだけ、自然の中に身を任せて、あるがままのスタイルでゆったりと、明日の波を待つことにしましょうか。







【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!