キーワードで検索

【完全にマナー違反なサーファー】本当にあった自分の体験談。ドロップインしてからの、チューブインでメイクした小波のビーチブレイク





ビーチのバンクがいい感じの朝



前乗りで波を盗んで、最後はチューブをメイクできたので、逃げるようにして帰ってきた今朝。

だって今朝はサーフィンをする時間があまり無かったのだ。

サンライズが6時24分。

7時までには家に帰りたいぼくに残された時間は、30分程しかない。

このままいくと、6月27日から7月8日はどうなってしまうのか。

実はその12日間が、1年のうちで太陽が昇るのが一番遅い期間であり、その時刻はなんと6時38分なのだ。


ゴールドコーストから朝が無くなっちゃうよ。


明るくなるのが遅いとゆうことは、うちの奥さんも起きてこないんじゃないのかと、心配になるしね(笑)




いきなりピークに行ってみた



最近は大きなサイクロンもなく小波続きなのだが、運よく家の近所でフィーバーしているバンクがあり、そこがローカルの人気スポットだ。

今朝も超小波ながらも、笑っちゃうくらい綺麗にブレイクしていた。

ミドルタイドだったんだけど、ちょうどよかったね。

先に数人入ってたんだけど、さりげなーく、遠慮なーくピークで波待ちしてみた。

でも分かる人には分かるんだよね。

ぼくは基本的に、最初のセットは他の人に譲るスタンスだってのが。

一番奥で波待ちしていたおじさんも、ぼくの顔を見ると笑顔で挨拶してくれた。

最近ずっとここで顔を合わせてて、ぼくのさりげないガツガツ振りを分かっててくれてるんだね。

水平線がまっすぐに見渡せる、グラッシーコンディションでじっと待ってると入ってくるセット。




あのおじさんが乗った後、さりげーなーく、遠慮なーく、コシハラくらいのタルイ波にゆったりと乗らさせてもらった。

それでもう帰ろうかなって思ってたら、ミドルにいい感じの波が入ってきたのでそれも合わせて乗らさせてもらった。

乗ったはいいけど、後ろから追いかけてきていたグロムがか弱い声で「Hey yo-!」って言ってたんだよね。

まさかの前乗りである

しかしまぁ波はとろいし、こっちまで抜けてくるにはかなり距離があったので、さりげなーく、遠慮なーく乗らさせてもらった(笑)

そしてインサイドの最後のセクションではチューブになってくれたので、しっかりかがんで入らさせてもらった。




運よく転ぶことなくメイクした後に後ろを振り返ったら、あのグロムはもうゲッティングアウトしていた。

だからまぁ、大丈夫な前乗りだったんだよな。

一応気まずい気持ちもあったので、逃げるようにして帰ってきたけどね(笑)

明日もいい波あるかな。




【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!