キーワードで検索

【腰痛 サーフィン】床でやってしまった日曜大工からの腰痛で、朝のサーフィンは15分間でクイックに済ませておいた。




腰痛って致命傷ね



今朝は目が覚めてから腰が痛い。

原因はサーフィンではないのが分かっているので、今回のブログタイトルを「腰痛からのサーフィン」としたのだ。

サーフィンからの腰痛が、まぁ一般的と言うか多くのサーファーが抱える問題なんだけど、今回のぼくのパターンは違うんだよね。

昨日、洋服タンスを組み立てたんだ。3段の小さいもの。

もうすぐ生まれてくる、赤ちゃんの服を整理しておきたい奥さんのお手伝いで、家具の安売り店で買ってきたタンス。

その組み立てを床で行わなければならず、ねじを回して組み上げるたびに、腰を屈めなければならなかったんだよね。

これが原因。

床の上での作業はやっちゃいけないね。おかげで腰はバッキバキよ。

パドリングでやられる腰痛とは、微妙に違う箇所で痛さもちょっと違う気がする。




とゆうことで今朝のサーフィンは15分間勝負にしておいた。

場所はマイアミビーチ。

緩いオフショアでスーパーグラッシーコンディション(最近こればっか)の、ハラムネサイズのファンウェーブ。

しかし15分間って短いよね、ボケーっとする暇がないんだから。







パドルアウトする前にどこで波が割れてるのかよーく観察して、先に決めておかなければならない。

ぼくはいつも、海を見ると嬉しくなって、何も考えずにパドルアウトしちゃうタイプなんだけど、短時間で波に乗ろうと思ったらそこは我慢しなくちゃならない。

先日のHPC(ハイパフォーマンスセンター)で教わったんだよね。

「波をしっかり観察して、どこでブレイクしてるのか、他のサーファーはどこからエントリーしてるのかをしっかり見なくちゃならない」

まぁこんなのは言われなくても分かってるんだけど、分かっててもやるかどうかは人それぞれだよね。










今朝はほんとに腰が痛くて、15分間でいっぱいいっぱいだろうなって分かってたから、必死で波を観察してからパドルアウトした(笑)

おかげで13分30秒だけで、5本か6本の波に乗れた。

アウトでのんびりする時間は無かったんだけど、まぁこんなクイックサーフな日があってもいいよね。

この腰痛は、アンメルツヨコヨコと腰痛ストレッチなどで回復に向かわせるとして、床での日曜大工な作業はもうやらないでおこうと心に決めた。

明日もいい波あるのかな。デカ波はしばらく来ないで欲しいな(笑)










【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!