【サーフワックス】ゴールドコーストもやっと水温下がってきたので、硬くなりやすいWarmからちょっとグリップ強めのCold water用を作って試してきた。




最近水温が少しずつ下がってきたので、ワックスを変えることにした。

ぼくが使ってるのはEco Surf Grip Mad Waxとゆうもので、石油系素材のパラフィンを一切使用していない、完全天然素材のエコサーフワックス。

ご存知の通り、うちのガレージでぼくが手作りしているものだ。

ちょこちょこと販売もさせてもらってて、ユーザーからのフィードバックもいい感じで頂いている。

  • ブツブツが出来なくて最初は戸惑ったが、グリップが効いてて良かった。
  • 何より手作りってのが嬉しい。
  • エコなサーフグッズとゆうところに惹かれた。
  • 硬くて滑るので、自分は好きにはなれない。
中にはネガティブコメントも頂いたが、人それぞれ好みがあるからね。

それでもまぁ、嬉しい限りである。

自分では毎日のサーフィンでしっかり使ってて、使用感は普通に問題なく使えている。

グリップ力のおかげでパフォーマンス力が上がるなんてのは、大手メーカーの宣伝文句であって、ワックスを変えたぐらいでサーフィンが上手くなるなんてことはないと思う。

しかしエコな製品を使うとゆうことは、自然環境保護への関心を示す素晴らしい姿勢であり、大自然を相手にスピリチュアルアクティビティをしているサーファーたるもの、こういったスタンスは大切なことだとぼくは思っている。





Cold wax




水温が下がってきたので、Cold用のワックスを作って試してきた。

同じレシピで作った以前のストックは、冬の千葉の海とニュージーランドのタラナキで友人らに試してもらってて、「SEX WAXよりもいいじゃん」っとゆう声を頂き喜んでもらえている。

だから同じレシピで作ったもので、今朝のバーレーでレッツサーフ。




サンライズ前からパドルアウト。

半袖スプリングを着てたのだが、ちょっと寒い。

そろそろ長袖が欲しくなってきた。

気温は19℃で、水温は23℃くらいなのかな。

昨日までのMad Waxは、Coco Warmを使っていてCoco 、ちょっと滑るなぁと思っていたので今日からColdでColdやってみた。

さてさてどうだろ?

まずパドルの段階で、おなかの下でしっかりとグリップしているのが分かるので、方向転換が楽にできる。

だからテイクオフの時も、ボードがぶれないんだよね。

やはりグリップ力はばっちりだ。

そして立ち上がった時が重要。

足の裏の油って人それぞれ違うらしく、これによってサーフワックスにも合う合わないってのがあるんだよね。

ぼくの足の裏の油に、Mad WaxのColdはどうやら合うようだった。

早いセクションを抜ける時に必要である、正確なボードコントロールを要求される場面でもしっかりとグリップが効いてて、足の裏とボードが張りついているようだった。

こりゃいけそうだな。

ちょっと多めに作って、お客さんに連絡しなきゃね。

明日もいい波あるかな。









【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!