キーワードで検索

続きその2【NIXONの神対応】 保証書がなかったのに、それでも無料で修理してもらえた件について






これまでのあらすじ。


https://www.spirit-kooks.com/2018/04/nixon-surftidewatch-battely-replacement.html

【オージークォリティ】Nixonのタイドウォッチの電池が切れたので、町の小さな修理屋に出してみたら後悔する羽目になった。



https://www.spirit-kooks.com/2018/05/nixon.html

続きその1【オージークォリティはやっぱりあかん】NIXONのタイドウォッチ、ディスプレイが真っ暗に。町の小さな修理屋の電池交換はやっぱりダメだった。


あの修理屋に出したNIXONのタイドウォッチが壊れたのは、海に入って10日も経ってないころだった。

一瞬あきらめて買い替えようかと思ったのだが、やはりすぐに物を捨てたり買ったりするのはエコなサーファーを名乗る自分としてはよろしくないと思い直し、NIXONのメーカー修理に出したのだった。

その続きの話。


おねぇさん、寒いならズボン履いちゃいなよ

修理代は5000円から1万2000円くらいか?



あれはちょうど、1週間前の5月3日の事だった。

外からは見えないところにひっそりとある、(笑)Nixon Pacific Pty Ltdで修理を依頼したのだ。

壊れた時計を持ち込んだ時に言われたのが、「直るかは分からない。部品の交換になるので、70㌦から150㌦くらい掛かると思っていてほしい」とのことだった。

だったら新しいのを買えるじゃんとも思ったのだが、やはりここはエコ心が勝ってしまった。

そして修理に出してから1週間後の今日、連絡があったので取りに行ってきた。

時計は完全に直った。





ほぼ新品状態で返された



バンドと表のステンレスの枠以外は、新品に交換したらしい。

つまり時計の機能を司る部分が新品に変わったので、時計が新品になったとゆうことだ。

そしてラッキーなことに修理代は、タダだった。

その理由は、「水滴が中に入り込みコンピューター不良となったので、メーカー保証内で全部直すことができた」とのことだった。

それを聞いて、「町の小さな修理屋でヘボな奴に触らせてしまい、防水加工が甘くなったのが故障の原因」だなんてゆうのはだ、絶対に言えないなって思った。

たぶんNIXONの修理を担当したメカニックは、水が入ったのは自社の責任だなんて判断したんだろう。

責任感が強い人で助かったよ。




まぁちょっと騙してしまったようなせこい話だが、そのかわりNIXONのことが大好きになったのは言うまでもない。

やはりどんなものでも最後は、人と人がどう繋がるかが大切なんだな。

今回のNIXONの神対応には感激だった。

だからやっぱり次も、NIXONの時計を買おうと思っている。








【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!