【サーファーの生き方】自分には乗りたい波がある。海の中でも陸の上でも意識をしっかり持って、いつでも準備万端にしておくのが目標達成への道。







ぼくには乗りたい波がある


バーレーヘッズのポイントブレイクの奥、シャーキーズと呼ばれているところにあるバレルがまず一つ。
もう一つはキラのバレル。

どちらもサイクロンスウェルなどが入り、オーバーヘッド以上までサイズアップすると、ハードコンディションでエキスパートオンリーとなるのだ。

乗れればとてつもなく長いライドとなる。

ウォールが切り立ち、チューブインすれば水量の多い波に包み込まれて、シリンダーの中の弾丸のように、一気に出口まではじき出される。




The Dayに慌てない心構え




映像で見れば簡単そうに見える。

「テイクオフさえできれば、メイクできるんじゃないのか」

単純にそう思いつつ、ずっと何年もチャージし続けているが、まだ満足なライドはできていない。

ぼくはいつもこの事だけを考えて、毎日生きている。

仕事中でも、自分の子供と遊んでるときでも、「今ここであの波が来たら、ぼくはメイクできるのだろうか?」って考えながら生きている。

その時のために、今できることがあるなら何でもやりたい。






小さな意識を積み重ねていく



今こうしてパソコンのキーボードを叩きながらでも、肩の力を抜いて足の裏に乗っかかっている自分の体重を意識している。

これは、デカ波にチャージする時に意識しなければいけない事なんだ。

テイクオフし、ボトムに到着してウォールに合わせた瞬間に、自分の身長よりもはるか高いところを覆いかぶさってくる波に乗るとき、全体重をボードに預けるのだ、

肩から上半身に少しでも力が入っていると、乗せれるべき体重が乗らなくなる。

そしたら波のボトムから巻き上げられて一瞬でワイプアウトしてしまう。

今からやっておかないと、その時が来てやろうと思っても、自分の意識通りにできない事のほうが多い。

用意周到とゆうよりも、常にそうゆう自分でいるべきなのだ。

乗りたい波のために、その波がいつやって来ても大丈夫なようにしておきたいと、常日頃から思っている。

土壇場で慌てても、いい結果は出ないからね。




今朝も少しだけサーフィンしてきたんだけど、小波で物足りないコンディションだったんだよね。

ぼくの周りのサーフィン仲間だったら、こんな日は海に入らない海に事のほうが多い。

家でスマホいじって、ゴロゴロしてたりするんじゃないかな。

でもぼくは、まぁサーフィンが毎日の習慣ってのもあるんだけど、乗れる波があるならとりあえずパドルアウトするんだ。

そしてカレントもなく楽にゲッティングアウトできる日でも、そこに強烈な流れがあるかの如くパドリングしている。

さらに波を追いかける時も、まぁ周りの空気を壊さない程度にガツガツと動き回っている。

それはなぜかとゆうと、いつバーレーやキラの波が炸裂してもいいようにだ。

久しぶりのパドルだから追いつけない

なんて言い訳をしたくないから、いつもその事を意識しながら海に入っている。

陸の上でも、その意識は変わらない。






サーフィンは積み重ねが大事だからね。

「なんとなくやってたら、いつの間にかキラのチューブをメイクできるようになってた」

なんてことは絶対にない。

自分が今できる最大限の準備を何度も繰り返していく先に、達成できる力が生まれてくるのだ。

少なくともぼくはそう信じている。

だから今日もまた、チューブライドの奥から見える先の光を見ながら、それだけを意識して時を過ごしていくつもりだ。

そして明日もきっと、同じことを繰り返していくと思う。





【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!