キーワードで検索

【時間がないのにサーフィンに行くバカ】朝の20分間でバーレーポイントで乗った1本の波は、今日もご機嫌な1日を過ごさせてくれる最高の波だった。





今週は仕事が忙しいんだよね。

いつもよりも1時間早く出勤で、さらに1時間以上長く働かなければならない。

まぁ仕事だから遅くまで働くのは全然構わないんだけど、早く出勤するのはちょっと嫌なんだよね。

だってサーフィンに行けなくなるやん。

同僚からも、「明日からサーフィンに行けないじゃん、はっはっはー」って時間ギリギリまでベットでだらだらしてる奴に言われて、ちょっとムカついた。




やってみなければ分からないよな?

幸いぼくはタイムスケジュールを組んで、分単位で行動するのが得意なのだ。

サンライズの時間と出勤までの時間、それは6時15分に太陽が昇り、7時20分に家を出なければならない。

イージーじゃないか。

全くもって、分単位でもなんでもない。

ただちょっといつもよりも早く行動すればいいだけだ。




そして朝一に行ったのは、ホームポイントであるバーレーヘッズ。

波のサイズはちょっとアップし、波数が増えててカレントレベルが上がってた。

そしてサイドオンも入ってたので、昨日までのようなグラッシーコンディションから一転して、これからハードコンディションになりそうな感じだった。

まぁ運よく、ほんとにラッキーなだけだったんだけど、パドルアウトしてアウトに出た瞬間にセットが来て、それに手を出して思いっきりパーリング(笑)

水深がムネくらいまでしかなくて、またもや砂まみれにされてしまった。

そしてカレントに思いっきり押されて、駐車場の下まで流されてしまった。

ここで終了してしまうのかと思いきや、無人のスポットにひょいと入ってきたロングショルダーのセット。

これにはうまく乗れて、ビーチのミドルのほうの波が無くなるまで乗って行けた。




今朝のサーフィンはこれで終了である。

たったこれだけのために、時間と体力を使ってサーフィンするの?

って言われても、答えはもちろんYESである。

やりたいことをやるためには、時間の制約なんぞ大した問題じゃないんだから、とにかくやってしまうことを優先するべきなんだよね。

まぁこれは朝のサーフィンを続けるためだけのことなんだが、こういった考え方は仕事でも勉強でも、目標を達成するためには大切な思考だとぼくは思っている。

毎日ハードワークしながら、それでも毎朝サーフィンするなんて簡単なんだよ本当に。










【今一番観なきゃならないサーフィンDVD】





この映画はレジェンドサーファーの川井幹雄さんが70年代に製作した伝説の映画『ストーンブレイク』。

4月に発売されたばかりのこのリメイク版は『ストーンブレイクドリームス』という名で新たにリリースされた。

ついにぼくも観ました。ぼくもミッキーさんたちのように素敵に年齢を重ねていき、いつまでも波乗りを楽しんでいきたいなって思わされたサーフムービー。

かなりおススメです!!





【今一番読まれているサーファーの本】

このブログで紹介してからも、たくさんの方が購入されてるよー。

カリフォルニア在住のプロサーファー鍼灸師、南秀史郎さんのマーヴェリックに挑戦するライフスタイルから、挑戦し続ける人生とはどうゆう事なのかを教えてくれる良書。

リリース当初からずっと、衰えることない人気が続いてるんだよ。

夢に挑む人生を送りたい人!必見です!